エルフの存在を信じる国アイスランドにはエルフのための法律やエルフ専門学校、エルフのペニスを展示する博物館があると聞いて行ってみた

アイスランド大学による2007年の調査によると、アイスランド人の60%以上はエルフ(妖精)が存在すると信じています。

調べてみると、アイスランドにはエルフ学校やエルフのための法律、エルフに会える場所、そしてエルフのペニスも展示している博物館まであります。エルフと聞くと、アニメやゲームに登場する耳が長くて尖った美少女を連想する方も多いのではないでしょうか?いったいアイスランドにはどんなエルフがいるのか、実際に行って確かめてきました。アイスランドに割り当てられている ccTLD(国別コードトップレベルドメイン)は、「.is」です。

 


◆アイスランドはどこにあるのか?

アイスランドは火山や地震が多く、日本との共通点が意外とある北大西洋上の島国です。寒いイメージがありますが、暖流の影響で首都レイキャビクの真冬の平均気温はマイナス4度程度。居住エリアは海岸沿いに集中し、内陸部はほとんど無人地帯で「ハイランド」と呼ばれています。アイスランドの大きさ(103,000 km²)は、北海道(83,454 km²)より少し大きい程度です。公用語はアイスランド語。英語も通じます。利用されている通貨は、アイスランドクローネ。1ISK(アイスランドクローネ)は、0.88円(2020年2月現在)です。

= 目次 =

◆まるで「エルフの塔」のようなハットルグリムス教会

◆エルフのペニスも展示する世界で唯一のペニス博物館

◆エルフ遺産保護法とエルフや悪魔に出会えるマップ

◆北米大陸とユーラシア大陸を行き来できる公園

◆「エルフを見た人900名」に会った先生の講義を受けた

◆死ぬ前に食べるべきパンと宇宙一のホットドッグ~アイスランドの食事事情~

◆現地でのSIM購入&速度調査~アイスランド編~

 


◆まるで「エルフの塔」のようなハットルグリムス教会

ほとんどの旅行者は西部にあるケプラヴィーク国際空港を利用してアイスランドに到着します。荷物受け取り場では、巨大なパフィン(ニシツノメドリ)が天井からお出迎えしてくれました。

パフィンはアイスランドでとても人気がある海鳥で、国鳥的存在。街のお土産店でもたくさん見ることができます。

アイスランドは物価が高く、タクシーの利用はお勧めできません。空港からレイキャビク市内まで約45分のタクシー料金は、18,000クローネ(約15,840円)もします。ぼったくりではありません!アイスランドには電車やメトロが存在しないので、レイキャビク市街地へ行くには空港バスが便利です。我々が利用した「flybus」は2,999クローネ(約2,639円)。市内にあるホテルの近くを巡回してくれますが、巡回順によっては宿泊先ホテルへの到着が遅くなる場合がありますのでご注意を。だいたい1時間ほどの所要時間を見ておくと良さそうです。

バスは空港を出てすぐの非常にわかりやすい場所に待機しています。

レイキャビクに到着。

市内移動は、バスアプリStraetoがおすすめ。バス乗車前にアプリ上で切符を購入できます。支払いはクレジットカード。乗車の際、運転手さんにアプリ内のチケットを見せるだけで乗車できました。ルート検索もできます。

多くのお土産店、ファッションのお店、レストランなどが立ち並ぶ大通りは通るたびに新たな発見があります。エルフを思わせる小人のイラストも見かけました。

そしてレイキャビクのおすすめスポットは、ハットルグリムス教会です。まるでRPGのゲームに出てくる神秘的な「エルフの塔」のよう。

塔の前には、紀元1000年頃にコロンブスより500年程早くアメリカ大陸を発見したアイスランド人のヴァイキング、レイブル・エイリクソンの像が立っています。

ハットルグリムス教会は、レイキャビクのランドマーク的な存在。ここでゲームのキャラクターであるエルフのコスプレ写真を撮ったら、RPGの世界を満喫できそうです。

教会の内部も1階部分は無料で入場できます。

ハットルグリムス教会(アイスランド) #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

この教会のデザインは、マグマが六角形に固まってできた柱状節理と氷河を象徴しています。

ちなみに柱状節理がよくわかるのは、ブラックサンドビーチ。岩体が柱状になっていますね。

 


◆エルフのペニスも展示する世界で唯一のペニス博物館

世界で唯一のペニス専門博物館「アイスランドペニス博物館」は、レイキャビクの中心街にあります。それにしても、なかなか見つかりません。迷ってしまいました。

ようやく発見。そこは何度も通り過ぎていた場所でした。およそ博物館らしくない外観のため、気がつかなかったのです。

我々を導いてくれたのは、この看板。看板の背後で男性がファスナーに手をかけているように見えますが、この時は気がつきませんでした。我々の写真撮影に合わせて、博物館に展示して無い方を見せてくれようとしたのか、偶然なのかは定かではありません。

エントランスで、エルフのペニスなんて本当にあるのか質問してみると、「ありますよ」とのこと。行ってみましょう!入館料は大人1名1,500クローネ(約1,320円)。

中に入ると、そこは一面ペニスだらけ。博物館の名称「The Icelandic Phallological Museumo」は、訳すと「アイスランド物理学博物館」ですが、アイスランドペニス博物館と呼ばれるだけあります。

ペニス博物館 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

アシカやオットセイ、クジラなど90種以上の動物から取得された標本が展示されています。2011年1月に、同館は史上初めてヒトのペニス標本を展示。これは、死後の提供を申し出ていたドナー4名のうち1名のものです。同館は引き続き「より若く大きく状態の良い」標本を探し続けるとしています。

博物館中央の柱に飾られている人形。木の妖精でしょうか?同館内で一番高い場所に展示されているペニスです。

「RUSTIC ELF」と書かれたエルフのペニスを発見!中国語訳では「精霊」と書かれています。石みたいですね。

トロールのペニス。こちらも石みたいに見えます。

トロールとは、北欧の国、特にノルウェーの伝承に登場する妖精のこと。

こちらは、何か大きな動物のペニスなのかと思いきや「CHANGELING」と書かれています。「CHANGELING」とは「取り替え子」のことで、子供が連れ去られた時に身代わりとして密かに置かれる「エルフの子」を意味しています。エルフの子のペニス、、。形がちょっと気持ち悪いです。

山羊や羊のペニスも展示。山羊や羊とは言っても、「エルフの世界の山羊や羊」です。

この博物館の創設者であるシグルズール・ヒャルターソン氏。ペニス型の受話器で誰かとお話しているようです。受話器もですが、浮かない表情も気になりますね。

熱海の秘宝館のようなネタ満載のアミューズメントを想像していましたが、全くそんなことありません。クジラからヒトまであらゆる動物のペニスが所狭しと陳列されている、学術的価値のある博物館で、真剣に説明を読み、様々なペニスをじっくり見ている来場者の姿がとても印象的でした。同館を題材とした映画「最後の1本~ペニス博物館の珍コレクション~」は、2015年8月に日本でも上映されています。
博物館に併設されているお土産店もまた充実しています。

サンタクロース風ペニスのぬいぐるみ。

柄がペニスのカップ。

エルフに関する12のおとぎ話が書いてある本も売ってました。

ちなみに館内にあるトイレは、入口のドアの柄がペニス。少々やり過ぎな感じも。


◆エルフ遺産保護法とエルフにも悪魔にも出会える場所

1971年、レイキャビク近くの道路工事において、「エルフの岩」とされる岩石を誤って土壌に埋めてしまったところ、道路が冠水したり、負傷者が出たり、工事で使用する重機が故障したりと、不可解な事象が相次いで発生しました。これを受け、アイスランド道路管理局は、この岩を土壌より掘り出して洗浄。今後はこのようなことが起こらないように、2012年に「エルフ遺産保護法」が成立し、「エルフの岩」は保護指定されました。参考:AFP

 

「エルフ遺産保護法」と言われると本当に存在する法律なのか疑ってしまいますが、実は、文化遺産と考古学的に意義のある場所を保護する法律の一部で、魔法、民話、習慣、国民の信仰など、昔ながらの言い伝えに関する場所を保護する法律として実在します。

参考
mbl.is「Elf rock restored after its removal wreaks havoc on Icelandic town」
・アイスランドで書かれた実際の文化遺産法はこちら

 

また、アイスランド人がエルフと接触した正確な場所を共有するために作成されたマップがSaga財団によって公開されています。マップには、エルフの他に幽霊、悪魔等と遭遇した場所も記されています。エルフを目撃した人々によると、その特徴は「人間に似ているが、やや小型。普段は穏やかな性格。」と言われています。このマップの場所に行けば、エルフにも悪魔にも会えるはずです。

 


◆北米大陸とユーラシア大陸を行き来できる公園

エルフのことが気になって仕方ありませんが、アイスランドと言えば一般的には「美しい大自然」でしょう。日本で見ることができない神秘的なスポットに行ってみます。いつも通り、あまり時間が無いので、「The popular Golden Circle Tour」と呼ばれる定番観光地ツアーに参加してきました。このバスツアーは、ゲイシール間欠泉グトルフォス滝シンクヴェトリル国立公園の3か所を訪れます。レイキャビクから日帰りで定番観光地を巡る、効率の良いツアーです。

 

まず最初に訪れたのは、ゲイシール間欠泉。場所の名前にもなっているゲイシール間欠泉は現在活動をしていないようです。誰もいません。

人が集まっているのはストロックル間欠泉。ゲイシール間欠泉から歩いて3分の所にあります。この辺りから、日本の噴気地帯でも馴染みのある硫黄ような匂いが鼻を突いてきます。

近づくと、グツグツしている水溜りが。しばらく見ていると、、、

ポーンという大きな音と共に、ものすごい量の水が噴出!!驚きました!!

間欠泉は約10分ごとに発生しますが、たまに不発に終わることもあります。思った以上に近づくことができるのは魅力ですが、近づき過ぎて熱湯がかかることもあるので、ご注意ください。入口には、「自己責任でお願いします」という注意書きもありました。

 

次は、グトルフォス滝です。先ほどのゲイシール間欠泉からバスで約10分。Gullfoss(グトルフォス)は、アイスランド語で「黄金」を意味します。これがゴールデンサークルの「ゴールデン」の由来にもなったようです。

この滝も、かなり近づくことができましたが、水しぶきで濡れてしまうため、予めレインコートを着用している方も多くいました。とにかく水量が多くて迫力満点。滝近くの地面は濡れていて非常に滑りやすいので、滝に落ちないようにご注意ください。

ほとんどの観光スポットにはトイレが併設されていますが、その大半は有料。でもご安心ください。有料トイレでも、クレジットカードが使えます。こちらは、1回200クローネ(約176円)。アイスランドでは、一般的な旅行ならば現地通貨であるアイスランドクローネを一切持たなくてもクレジットカードで全て済んでしまうというのは本当でした。現地通貨に換金してしまうと通貨が足りなかったり余ったりするので、カード社会の有難さを痛感しました。

バスは最後の目的地であるシンクヴェトリル国立公園に到着。グトルフォス滝からバスで約1時間かかりました。

この国立公園は、ユネスコ世界遺産に登録されています。

この公園、実は敷地内に北米大陸とユーラシア大陸があるのです。家が見える向こう岸がユーラシア大陸、こちら側は北米大陸。

遊歩道を歩いて両大陸を行き来できます。

レイキャビクには、ツアー専用送迎バスの停留所が各ホテルの近辺にあるのですが、Google Mapsにも出てこない停留所もあるので、事前確認または大きなバスターミナル (例えばBSIバスターミナル)などを利用することをおすすめします。8月等の観光シーズンでは、ツアーバスはほぼ満席になります。

 


◆「エルフを見た人900名」に会った先生の講義を受講

エルフの出没場所を把握し、博物館でエルフの存在を確信した我々は、エルフについての理解をより深めるべく、レイキャビクにある「The ELF School」(妖精専門学校)で講義を受けることにしました。講義は毎週金曜日に実施されており、受講時間は合計3~4時間。受講料は1名につき56ユーロ(約6,700円)で、ドルでもクローネでも支払いOK。クレジットカード決済も可能です。参加する際は、メールで事前予約することをおすすめします。詳細Prices and Scheduleをご覧ください。

学校の看板を発見。この雑居ビルの2階にあるようです。

学校というよりか小さなオフィスみたいな感じ。なにか怪しい気がするのは気のせいでしょうか。ドアが開いていたので中に入ってみます。

授業開始の15時より少し前に着いたので、学校関係者は誰もいません。講義を受けに来た方が一人いるだけ。しばらくすると、数名の受講者が登校してきました。ここで授業が行われるようです。教室と言うよりかは、人形や置物がたくさんある小さな部屋です。エルフの本や、変わった雑貨もたくさん置いてあります。

約15分ほど待っていると、スカルプヘイジンソン(Skarphedinsson)先生がやってきました。先生は、アイスランの大学で歴史、民俗学、人類学を学び、アイスランドの超自然に関わる団体の創設者。先生ご自身はエルフを見たことはありませんが、「エルフや一般人には見ることのできない人々(見えない人々)に会ったことがある人約900名」に会っているそうです。

講義は談話形式でゆったりした感じで進んでいきます。渡された教科書には、エルフや見えない人々のイラスト、民話、実際の体験談などが全て英語で書かれています。しかし、講義中にこの教科書が使われることは一度もありませんでした。

先生は、ゆっくりとかつ真剣な表情でエルフや見えない人々について語っていきます。先生自身はそれらを見たことがないそうですが、家族や友人など信頼できる人からの目撃談をたくさん聞いているため、エルフや見えない人々の存在を信じているそうです。また、誰でも見ることができるものではなく、Psychic (心霊能力や超能力などのエネルギーなどを感じやすい人) だけが見えるもので、特に子供は、エルフや見えない人々を見る能力があるそうです。
先生は我々生徒の顔を見渡すと、「この中には残念ながら、Psychicはいないようです。」と言っていました。

休憩時間には、コーヒー、紅茶とともにアイスランドのパンやクレープみたいなものを頂きました。

ほどよい甘さのクレープがとても美味しくて何個も頂いていると、先生に「もっと食べなさい」とチョコレートを無理やり渡されたのも今となってはいい思い出です。

講義再開。見えない人々がこちらの世界に残したという物をいくつか見せてくれました。まず、子供たちが見えない人々に遭遇した場所にあった石。その場所に存在しないはずの石だそうです。

続いては、見えない人々が生活に使っていたとされる鍋。確かに製造会社のロゴや品番などの情報は書いてありませんが、にわかには信じがたい話です。

先生によるエルフの話が続きます。昔は海へ漁に出るかどうかは、Psychicが見えない人々の行動を見ることによって決めていた話。例え晴天であっても、見えない人々が漁に出なければ、それを真似て漁に出ない。もし漁に出ると、晴天だったのに急に嵐に見舞われたり、魚が全く取れませんでした。また、山で遭難した人が山小屋を見つけ、そこの住人に食事を御馳走してもらい助かりましたが、山小屋を出てしばらくして振り返ると、その山小屋や人が存在しなかった、というお話もしてくれました。

エルフや見えない人々は、人間を助ける存在であり、人間に対して悪事を働くことはほとんどありません。なぜ「ほとんど」なのかと言うと、子供を誘拐することがあったから。講義中は、自分の世界に引き込んでいくような語り口調で話す先生ですが、カメラを向けると、かなり陽気なおじさんになってしまいます。エルフに会った人は少ないですが、体験談等が古くから代々語り継がれており、今もなおその存在を信じている人が多いと感じました。アイスランド人にとってエルフは、なくてはならない存在なのでしょう。

講義の最後に受講証明書を頂きました。講義というよりかは、体験談やおとぎ話の紹介と言った方が正しいかもしれません。ご一緒した生徒の1人は、「私はエルフを見たことがあるから、おとぎ話よりスピリチュアルな話をもっと聞きたかった」と、やや不満げです。講義は全て英語。イギリス、アメリカ、ドイツからも受講に訪れています。万人におすすめできるかと言えば、ちょっと微妙ですが、変わった体験がしたいという方にはおすすめです。

校舎を出ると、エルフがお見送りしてくれています。もしかしたら、我々にしか見えていないのかもしれません。皆さんにも見えていますか?

 


◆死ぬ前に食べるべきパンと宇宙一のホットドッグ
~アイスランドの食事事情~

島国のアイスランドは、サーモンやタラなど海の幸が豊富な一方で、物価はと言えば、高いです。例えば、ケプラヴィーク国際空港にある売店「10-11」で売られている水1本あたりの値段は499クローネ(約439円)もします。ただ、ローカルなスーパーなどでは、ここまで高く売っていないようです。

お店の外壁に日本語でもラーメンと書いてある、ラーメン店の「RAMEN MONO」。公式ホームページで「.is」を使っています。

店内も日本の今時のラーメン店に似ています。店員さんは日本人ではありませんが、ほぼ満席だし食べている方のラーメンを見ても、かなり期待できそう。

お店イチ押しの豚骨ラーメンを注文しました。お値段、1,950クローネ(約1,716円)。スープは少し薄めで麺もかなり柔らか目でしたが、大満足なお味でした。テイクアウトもできます。


アイスランド料理を食べに「スリールフラッカー(Þrír frakkar)へ。レイキャビクからちょっと歩いた閑静な住宅街にありました。

まずはメニューの一番上にある「Fermented shark Icelandic speciality and dried cod with butter」(1,240クローネ、約1,091円)。を頂きます。

左の乾燥させたタラは、乾燥イカのような食感でお酒のおつまみにピッタリ。右の発酵させたサメの肉は、ちょっとアンモニアのような匂いがして、苦手な人と好きな人がはっきり分かれそうです。

続いて国鳥的存在で人気の鳥「パフィン」」を注文。メニューの名前は、「Smoked Puffin breast with mustard sauce」(1,990クローネ、約1,751円)です。まさかパフィンを食べるなんて・・・想像もしていなかったので驚きました。薫製のパフィンは、鳥の匂いというか、獣の匂いが少し気になります。味は非常に深みがあって上品。気になった匂いはマスタードをつけることで、だいぶ抑えることができました。

メインメニューは、ワサビが添えられている「Grilled Halibut with soya butter sauce and mashed potatoes with wasabi」(3,950クローネ、約3,476円)と、

ボリューム満点の「Hashed fish with black bread “Icelandic speciality”」(3,150クローネ、約2,772円)です。サメ以外の料理は、美味しく頂きました。


アイスランドには「死ぬ前に食べるべきパン」または、「世界一おいしいパン」と評されるパン屋があります。これは絶対に食べたい!そのパンは「ブロィズ・オ・コ(Brauð og co)」が作って販売しています。お店は、ハットルグリムス教会の近くにありました。超ド派手な外観。実は「死ぬ前に食べるべき派手なパン」だったら嫌だな、と思いつつ入店。

店内は普通の小さなパン屋さんでした。安心しました。

レジの反対側では、パンを作っているところが見えます。忙しそうです。

いろんな種類のパンがあります。

死ぬ前に食べるべきパン、どれにするか迷います。

このパン屋で人気のシナモンロール(490クローネ、約431円)を、死ぬ前に食べるべきパンに決めました。これでもかというくらいに甘いのですが、パンがしっとりとしていて食感がいい。「死ぬ前に食べるべきパン」はやや言い過ぎですが、「アイスランドに来たら絶対に食べるべきパン」と断言しても良い美味しさでした。


アイスランドには世界一、いや宇宙一美味しいと言われているホットドッグもあるのです。「バイヤリン ベスタ ピルスル(Bæjarins Beztu Pylsur)」で買うことができます。お店は小さなスタンドみたいです。

これが宇宙一のホットドッグ。宇宙一とは思えない質素な佇まいです。見た目ではなく、味が宇宙一なので早速いただきます。ラムを使っているようなソースが癖になる味!ですが、それ以外は残念ながら宇宙一と言えるまでのホットドックかどうかわかりませんでした。宇宙一のホットドッグだとガッカリするかもしれませんが、お値段約500円のホットドッグとして食べれば普通に美味しく頂けます。ただ、博物館に行った直後に召し上がることはおすすめしません。

空港のお土産屋にこのホットドックのソースらしき物が売っていました。ご自宅でも宇宙一のホットドックを作れるかもしれません。


アイスランドでファーストフード店と言えば「Aktu Taktu」。マクドナルドは2009年10月31日にアイスランドから完全撤退したため、アイスランドは西側諸国の中でマクドナルドが1店舗もない珍しい国になりました。

 

レストランのスタッフから、簡単な日本語で話しかけられることがありました。アイスランドでは日本語を学ぶことが英語の次に人気があるそうです。

 


◆現地でのSIM購入&速度調査~アイスランド編~

SIMは、ケプラヴィーク国際空港内にあるコンビニ「10-11」で購入できます。

選択したのは、5GBプラン(2,900クローネ、約2,552円)。遅いと感じることはありませんでした。

fast.comで速度測定。快適にネット接続できる速度です。Glocalmeも15Mbps。レイキャビクであれば問題なく使えました。

 


■今回訪れた場所

 

■ アイスランドまでのアクセスはこちら

■「.is」ドメインの詳細はこちら

復活した海賊たちは治安の悪いセントビンセント及びグレナディーン諸島にいるのか?

片道 40 時間をかけてツバルにも行ってしまうドメイン島巡り、第 15 回目はセントビンセント及びグレナディーン諸島(以下:セントビンセント)を訪れました。ccTLD(国別コードトップレベルドメイン)は「Venture Capital(投資会社)」などの意味でも使われている「.vc」です。なお、本文内のドル表記は、すべて東カリブ・ドルとなります。※1ECD=40.96 円で計算

◆セントビンセント、どこにある?

カリブ海の小アンティル諸島にある、火山島のセントビンセント島と珊瑚礁のグレナディーン諸島から成る島国で イギリス連邦に加盟する英連邦王国の 1 つです。

= 目次 =

◆治安が悪いとされるセントビンセントを散策

◆復活した海賊

◆シャーロット砦で海賊船を探す

◆あんまり魚は食べない?セントビンセントの郷土料理

◆西半球で最も古い植物園でマラカスの起源を知る

◆暫定的に世界遺産認定された古代カリブの線刻画

◆日本の協力で作られた「リトルトーキョー」

◆現地でのSIM 購入方法&速度調査 ~セントビンセント編~

◆「.vc」のレジストリを訪問


◆治安が悪いとされるセントビンセントを散策

セントビンセントは、殺人発生率国別ランキング(2016 年)8 位で、路上等における窃盗や強盗に注意が必要とされています。注意を払いつつ、首都キングスタウンから散策スタートです。

さっそく目についたのは、ネットカフェトンガ王国では快適なネット環境を求めて彷徨いましたが、セントビンセントはどうでしょうか?

セントビンセントの国旗と同じカラーリングの階段を登って 2 階へ。

入口に到着。

中へ入ってみると、電気屋の一角がネットカフェになっていました。

2 ドル(約 80 円)で、15 分間利用可能なお試しプランを購入。ブラウザを立ち上げます。

URL を見ると、セントビンセントの ccTLD“.com.vc”ドメインでした。続いては、回線の速度を測ってみます。

速度テストサイトの計測結果は、10Mbps 。日本のネットカフェとは異なり、周りの利用者はYouTube などの動画共有サービスを見ている様子はありません。調べ物には問題のない速度ではないでしょうか。

セントビンセントでは快適なネット環境に巡り合うことができました。

多くの人が出入りするお店に行ってみると、日本でもお馴染みのケンタッキーフライドチキンでした。知っているお店を見ると少し安心します。セントビン セントにはマクドナルドがないため、貴重なファーストフード店です。

お昼時ということもあって、大混雑。

メニューを見ると、デザートも充実しています。

日本のチキンフィレサンドに近い“Zinger”をポテト、ドリンクとセットで注文。17.05 ドル(約 700 円)。”Zinger”は、ピリ辛のマヨネーズソースに揚げたての鶏肉がサンドされた、万国共通の味。

ドリンクは、“Red Kola Champagne”という炭酸飲料をチョイス。コーラ(Cola)かと思いましたが、スペルが違います

かき氷のイチゴシロップのように赤く、強い甘みを想像しましたが、酸味のあるフルーツジュースでした。どうやら、同じくカリブの島国であるトリニダードトバゴで作られている飲料のようです。カリブ地域限定メニューではないでしょうか。


◆復活した海賊

“海賊”のイメージが強いカリブ。1660 年代から 1730 年代のカリブ地域は、海賊が最も暗躍した時代です。現代では、海賊をモチーフにした作品も多く、漫画「ワンピース」に登場する“黒ひげ”や” 白ひげ”は、カリブ海を荒らしていたエドワード・ティーチという実在の海賊がモデルとされています。もう海賊は過去のものと思われていますが、実はラテンアメリカとカリブ海地域では 2017 年に 71 件の海事事件が発生、前年比で 163%の増加となりました。 セントビンセントもまた、海賊行為のホットスポットとされているのです。と言うことは、本物の海賊に会えるかもしれない?!

まずは、海賊のことを知るために映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の撮影地ワリラボウへ。

キングスタウンから車で約 30 分の場所にありました。

とても古めかしいこの建物。扉には「Port Royal Set Buildings」と書かれています。ポートロイヤルはジャマイカの町のことで、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の劇中で、ここは「ジャマイカのポートロイヤルにある建物」として登場したセットでした。

まるで貸出用ビーチパラソルのように並ぶ棺。

建物の中に入ると、主演者の写真や当時のスケジュールが展示されています。

ジャックスパロウ船長役のジョニー・デップを始め、キャストの貴重なオフショットもありました。

写真だけでなく小道具やセットも展示。

別のセットと思しき建物に入ると、大量の古い電話とレジスター等がずらりと並ぶ、映画とは無関係の倉庫でした。しかし、なぜか倉庫に麦わら風の帽子が・・・もしや、日本で最も有名な海賊も来ているのでは?!

海賊たちが集まり、当時は「世界で最も豊かで最もひどい町」と言われたポートロイヤル。港の入口には、縛り首になった海賊がそのままの状態で見せしめとして放置されたと言われています。入り江に目を向けると、“アーチ状の岩”が。劇中に登場する「海賊の亡骸が吊るされていた岩」かもしれません。

セットの大砲からロックオンしていますが、海賊船ではありません。

拷問器具「さらし台」もちゃんとありました。

セットで休憩中のわんこ。骨を差し出しても、牢屋の鍵は取ってくれそうにありません。

セットの横に併設されているカフェには、ランチメニューも用意されており、映画について思いを馳せながら食事を楽しめます。

これらのセットは入場無料。ここに来ればカリブの海賊気分を味わえます。本物の海賊に遭遇しても、分かり合える気がしてきました。


◆シャーロット砦から海賊船を探す

キングスタウンの西側にあるシャーロット砦( フォートシャーロット) に移動。1806 年に完成されたこの砦からは、キングスタウンを一望でき、グレナディーン諸島の 1 つであるべキア島を見渡せます。

ここから海賊船を探します。

給油しているかもしれません。

辛抱強く探していたら、日が傾いて来ました。

ごらんの通り、海賊船どころか船自体がいません。

海賊船探しはあきらめます。

敷地内にある建物に入ることにしました。

セントビンセントの先住民が奴隷にされていた時代を伝える絵画が展示されています。

シャーロット砦は無料で開放されている観光名所。多くの観光客に見てほしい思いから、ここに辛い歴史を展示しているのではないでしょうか。ここは絶景のサンセットスポットとしても素晴らしく、地元民も訪れる憩いの場所でもあります。男性ガイドが話しかけて来ますが、有料となりますのでご注意ください。

夕日を撮影した 360°カメラの写真はこちら。

シャーロット砦(セントビンセント及びグレナディーン諸島) – Spherical Image – RICOH THETA


◆あんまり魚は食べない?セントビンセントの郷土料理

夕食時に訪れたのは、アーノス・ベールという地域にある“Mangoz Restaurant and Bar”。

オープンテラス席に通してもらいました。海沿いのため、心地の良い風が吹き抜けます。

地ビールの Hairoun は、ハイネケンのグリーンボトルを思わすようなラガービール。あっさりとした味わいで、油分の多い食事とも相性が良さそうです。

「郷土料理のおすすめをください」とオーダー。言葉では表現しにくい色味のスープが運ばれてきました。こちらはカラルースープと呼ぶそうで、この地域で採れるサトイモ(科)の葉などをミキサーですりつぶし、味付けしたもの。ビジュアルに怯んでしまったものの、青臭さもあまりなく美味しくいただきました。価格は 20 ドル(約 800 円)。

コンク貝を使ったソテーがメインディッシュ。カレーを思わせるスパイシーなソースと、コリコリした貝の食感がとてもマッチしています。アンギラでも食されていたコンク貝は、ここでも人気のようです。価格は、55 ドル(約 2,200 円)。

エビフライもおいしく頂きましたが、海に囲まれた島の郷土料理なのに、なぜか魚料理が出てきま せん。なんでも、豊富な水産資源がありながら、庶民が魚を食べる機会は決して多くないそうです。その為、水産局は「Put a Fish on Your Dish(食卓に魚を!)」のスローガンの下、魚食の普及に努めているとのこと。セントビンセントの人達は、意外と魚料理を食べないのですね。

ここは午前 9 時に開店。閉店時間ですが、Facebook では深夜 2 時、Google マップでは午後 11 時と記載されています。


◆西半球で最も古い植物園でマラカスの起源を知る

多くの自然が残るセントビンセントには、西半球で最も古い植物園があります。1765 年に設立された、ボタニカルガーデンズです。

チケットは大人 1 名で 5 ドル(約 200 円)。入場者 1 名に対して 10 ドル(約 400 円)でツアーガイドを頼めるオプションもあります。

園内に入った途端、コーネリアスという 1 人の男性が話しかけてきました。『私がガイドをするよ』とのこと。ツアーガイドの申し込みはしていないので困惑していると、いきなり始まる解説。植物園の職員なのかも不明のまま、後をついていくことになりました。

イギリス連邦内の国のせいか、園内はイングリッシュガーデンのような雰囲気を感じます。

花や木々を観察していると、コーネリアスが 1 枚の枯葉を渡してくれました。イランイランの葉だそうです。イランイランといえば、シャネル N°5 (香水)に使用されたり、様々なフレグランスに配合されています。枯葉ですが、少し揉んでみると確かに良い香りがしてきました。

頼んでもいない男性ガイド、コーネリアスは次々と色々な葉を千切っては渡してくれます。ゴムノキでは幹の部分に傷をつけて、樹液を見せてくれました。なかなか大胆です。

日本でもお馴染みのシナモン。パウダーやスティックの状態は見かけますが、樹木での姿を見る機会は多くありません。樹皮からは、しっかりとシナモンの香りがしています。

ヤシ科のマラカは、小指の先ほどの果実が

人間の顔のサイズまで大きくなります。比較として、iPhone SE を横に置いてみました。

なお、楽器のマラカスは、この果実を乾燥させて作られたのが始まりとされています。

ミモザ(和名:オジギソウ)を観察していると、おもむろにライターを取り出すコーネリアス。すると、取り憑かれたように火をつけ始めました。

どうやら、熱刺激による葉の反応を見せてくれているようです。ミモザは、先端から順番に小葉を閉ざしていき、最終的には葉全体が垂れ下がりました。ガイドをお願いしていないのに、ここまでやってくれます。

ナツメグの実を拾って割ってくれました。お伝えのとおり、ナツメグとは食べ過ぎると、幻覚症状を引き起こ し最悪死に至る 香辛料です

最後にやって来たのは、セントビンセントの固有種であり国鳥に指定されている、オウボウシインコが飼育されている大きなケージ。コーネリアスが『ハロー!』と声をかけますが、鳥たちの返事はありません。いつもなら、鳥たちも「ハロー!」と言い返してくれるそうです。

カリブ地域の様々な植物や固有種などを間近で見られるこの植物園は、午前 6 時開園、午後 6 時閉園となっています。コーネリアスは、ガイドだったのか、たまたま居合わせただけなのか、わからないままでしたが、熱心にガイドをしてくれたお礼にチップを渡してお別れしました。


◆暫定的に世界遺産認定された古代カリブの線刻画

他部族との争いや、後のヨーロッパ人の侵略によりカリブから姿を消した先住民「アラワク族」が残した線刻画(ペトログリフ)は、カリブの島々に残っています。セントビンセントで見ることができる、ラユー線刻画公園にやってきました。

2009 年に欧州連合との協力で整備され、世界遺産条約リストにも暫定的に掲載されています。

入園料は 1 人あたり 2 ドル(約 80 円)。建物内へ入ると、カリブ地域で発見された線刻画の写真が飾られています。すると、受付兼ガイドの女性がそれぞれを解説してくれました。

しかし、あまりにウィスパーボイスな解説で、何度か聞き直すことに。訪れた際は、最大限に耳を澄ましてください。なお、写真では線刻画が白線で認識出来ますが、見やすいようにデジタル処理をしているとのこと。実物は岩に彫られた線のため、色はついていません。

いよいよ、ガイドさんと共に線刻画の場所へ。

大きな岩が見えてきました。

こちらが 、西暦 300~600 年ごろに作られたとされている線刻画です。薄っすらと、岩の表面に線が見えます。

とはいえ分かりにくいため、写真を拡大して白線でマークしてみました。いかがでしょうか。幾つかの顔が彫られているのが分かります。ガイドさん曰く、母親と子どもの様子が描かれています。

岩の上部にも、顔のようなものが彫られています。こうした線画の意味については、現在も判明していない部分が多くあるようです。

なお、この岩には近寄って触れることが出来ます。ガイドさんが岩とのツーショットを撮影してくれましたが、先ほどのウィスパーボイスはどこへやら、あまり見かけない日本人がいろんなカメラを取り出しては岩を撮影する姿が滑稽だったようで、終始爆笑していたのが印象的でした。

線刻画の謎を解き明かしに、訪れてみてはいかがでしょうか?


◆日本の協力で作られた「リトルトーキョー」

キングタウンに戻りました。治安の悪さを微塵も感じない場所ばかり巡っていたので、気を引き締め直して首都の散策再開です。

ベイストリートを歩いていると、リトルトーキョーと名付けられたバスターミナルがありました。

こちらがワゴン車を改造したバン (Van) と呼ばれる、乗り合い式のバスです。全路線がここから出ています。様々なデザインのバスがありました。日本車も見かけましたが、今のところ「東京」を感じることはできません。

同じ敷地内に、魚市場が併設されていました。活気のある人々の声に誘われて場内へ。

日本でも見たことがあるような、ないような、、多くの鮮魚が売られています。なお、セントビンセントではクジラも食すそうで、“ブラック・フィッシュ”とも呼ばれています。2015 年初頭から、沖合の浮漁礁(FADs)を使った漁業振興に力を入れた結果、この魚市場に大型の回遊魚(キハダマグロ、カジキマグロ等)が水揚げされるようになったと言われています

こちらの女性はレストランのオーナー。いつも魚を仕入れに来ているそうです。

魚市場の外壁にあるプレートには、このキングスタウン魚市場が、日本とセントビンセント及びグレナディーン諸島との間の友情と協力の証として、日本の人々から無償資金協力を得て 2005 年に完成した旨が記載されていました。1980 年代後半に日本の ODA プロジェクトによって建設された魚市場なのです。2005 年の老朽化による改修工事の際も、日本から無償資金協力が行われています。

このような経緯からか、魚市場や併設されたバスターミナル周辺は「リトルトーキョー」と呼ばれています。


◆現地でのSIM 購入方法&速度調査 ~セントビンセント編~

海外用の WiFi レンタルサービスが増えてきていますが、場所によってはカバーされていない区域もあります。このような場合、現地のSIM を購入するという手段があります。

セントビンセントでポピュラーな通信会社は FLOW の SIM を、アーガイル国際空港内で購入しました。

こちらがFLOW のSIM です。店員がアクティベーションまで行ってくれて、とても助かります。購入したのは、1 週間で 500MB のプラン。価格は、15 ドルです(約 600 円)。

アクティベーション後の速度計測結果は 14Mbps。調べ物をするには問題なく、町中でも快適に利用できました。

空港内には FLOW 以外の通信会社は見当たりませんでした。


◆「.vc」のレジストリを訪問

セントビンセントの ccTLD(国別コードトップレベルドメイン)は「.vc」です。地元の出版社やインターネットサービスプロバイダーで使われているのを発見。

今 回 は 「 .vc 」 ド メ イ ン の レ ジ ス ト リ で あ る 、 NTRC ( National Telecommunications RegulatoryCommission)を特別に訪問させて頂きました。到着したのは、キングスタウンの中でもかなり立派なビル。

階段を登っていくと案内が出ています。

NTRC の局長、アポロ・ナイト氏が応対してくれました。「.vc」が投資会社の略として使われていることについては、「レジストリが意図しないことだったけど、ユーザーが増えたのはとても良いこと」と捉えていました。国内でのドメイン利用状況等についても、お話頂きました。

最後に、「vc ドメインはとてもクールなドメインです。また、セントビンセント自体も観光をするのに素晴らしい場所ですよ!」とコメントされたナイト氏は、とても気さくな局長でした。

 

結局、セントビンセントの治安の悪さに触れることはありませんでしたが、これからも細心の注意を払いながら、ドメインのある島を巡って参ります。

 


 

■ 今回訪れた場所

 

■ セントビンセント及びグレナディーン諸島までのアクセスはこちら

■ .vcドメインの詳細はこちら