アンギラへの行き方

Pocket

ビザの申請は必要ありません。アメリカ、プエルトリコを経由してアンギラへ行く場合、ESTAの申請が必要。パスポートはお忘れなく。
出国の際は、“出国税”を支払う必要があります(20ドル)。

《 空路 》

日本からプエルトリコへ


直行便はないので、アメリカ国内(ダラス、シカゴ、アトランタ、ニューヨークなど)で、1~2回の乗り換えを行う。航空会社もアメリカン航空、デルタ航空、USエアウェイズ、ジェット・ブルーなど毎日多数乗り入れている。所要時間22時間~。エコノミーなら往復約77,000円~。なお、90日以内の観光目的の滞在ならビザは不要だが、アメリカ自治領のためESTAの取得が必須。

プエルトリコからアンギラへ


プエルトリコのルイス・ムニョス・マリン国際空港から、アンギラへの直行便がある。片道約3万円。

往路 シーボーン航空 BB4638

プエルトリコ
ルイス・ムニョス・マリン国際空港
(SJU)

13:55 発

約1時間5分
アンギラ
クレイトン J. ロイド国際空港
(AXA)

14:55 着

復路 シーボーン航空 BB4638

アンギラ
クレイトン J. ロイド国際空港
(AXA)

15:25 発

約1時間5分
プエルトリコ
ルイス・ムニョス・マリン国際空港
(SJU)

16:30 着

※2018年4月現在の情報

アンギラのクレイトン J. ロイド国際空港(空港コード:AXA)。
アンギラのクレイトン J. ロイド国際空港

空港内にはファストフードのお店あり。
空港ファストフード店

国際電話もできます。
空港の電話

《 海路 》
セント・マーチン島 マリゴ(Marigot)の船着き場ギャール・マリティム(Gare Maritime)からアンギラ ブローイングポイントフェリーターミナル(Blowing Pont Ferry Terminal)まで、フェリーが運航している。終日、午前7時30分から午後6時15分まで(アンギラから出発)。セント・マーチン島からアンギラへの最終便は、午後7時。フェリーは約45分ごとに運行され、所要時間は約25分。片道運賃20ドル前後(フェリー会社により異なる)。

正式な入国手段としては小さすぎる気もする“レディ・マリア号”。
レディ・マリア号

案の定、船内パンパン。出航後に運賃を支払います。
レディ・マリア号2

セント・マーチン島から約25分。「ようこそアンギラへ」
ようこそアンギラへ

海路での入国は、この建物内で審査を受けます。お手洗いは、ありました。
入国審査建物

現地の情報


アンギラは、カリブ海 リーワード諸島にあるイギリス領の島。島のすぐ南方にはセント・マーチン島がある。

首都 バレー (The Valley)
言語 英語
時差 日本との時差は-13時間。アンギラの方が遅れている。サマータイムはない。
気温 年間を通して常夏
気温は24°C~31°C
通貨 米ドル可
コンセント形状 Aタイプ
Wi-Fi Softbankのローミング不可
GlocalmeのWorldWide不可
Wi-Fi利用可のホテルに宿泊したが使えなかった
全土で利用できず。
タクシー
フェリーターミナルからダウンタウンまで約$24
4時間貸切で$110
Uber