フリーパスで行けるカジノとNintendoが人気のセントルシア

片道40時間をかけてツバルに行ったり、マルタでマルチーズ犬を探し出すドメイン島巡り、第11回目の巡り先はセントルシアです。ccTLD(国別コードトップレベルドメイン) は、”Limited  Company(株式会社)” などの意味でも使われている「.lc」。なお、本文内のドル表記は、すべて東カリブ・ドル(XCD)となります。

◆セントルシア、どこにある?

カリブ海の小アンティル諸島にある島国です。また、イギリス連邦に加盟する英連邦王国の1つです。

<<目次>>
◆お祭りの帰りに聞いた謎の音
◆身分証明書不要?!ゲームセンターみたいなカジノに潜入
◆Nintendoはセントルシアでも大人気
◆予約して行きたい「セントラル・ベーカリー」
◆セントルシアにある2つの空港
◆現地でのSIM購入方法&速度調査 ~セントルシア編~
◆街で見かけない「.lc」ドメイン

 


◆お祭りの帰りに聞いた謎の音

セントビンセント及びグレナディーン諸島から飛行機で約25分。セントルシアの首都カストリーズから最も近いジョージF.L.チャールズ空港に到着しました。レンタカーの受付や、タクシー乗り場があるだけのこぢんまりとした空港です。現地SIMの売り場も見つかりませんでした。

この日は金曜日。毎週金曜の夜にストリートパーティーが開催されるという、グロスアイレット地区に移動します。お祭りっぽいイルミネーションが施されたグロスアイレットのドーフィン通り。

まだ人はいません。

少し歩くと、テントで作られた露店が見えて来ました。毎週開催されているからでしょうか、思ったよりも混み合っていないので、歩きやすいです。

トビウオのフライなどが並んでいます。ツナ(マグロ)が入っている揚げパンを購入しました。日本のツナサンドに似た味わい。価格は5ドル(約200円)。

こちらでは列が出来ています。人気店のようなので並んでみます。

揚げなすやひよこ豆などのサイドディッシュから、魚介や鶏肉などのメインも豊富です。

ロブスターとチキンレッグ(もも肉)を焼いてもらいました。購入したものは、露店内のスペースで食べることが出来ます。

ロブスターの価格は50ドル(約2,000円)でした。下茹でがされており、香ばしい焼き目がついています。お祭り価格なのでしょうか?少し高いような気もします。サイズによって価格が違うので、ご注意ください。

スパイシーな香味ソースが掛かっているチキンレッグは、30ドル(約1,200円)。どちらも、デフォルトでフォークが突き刺してあるのが何とも言えません。

時間が経つに連れて人が増えてきました。お酒を提供している露店も賑わいを見せはじめます。

セントルシアの名所の1つである“ピトン山(Pitons)”をイメージした地ビール。その名もPiton。コロナ・エキストラのような雰囲気がありますが、ライムを搾ったりはせずにラッパ飲みするのが地元流のようです。価格は6ドル(約240円)。

ラム酒の発祥とされるカリブ地域では、フルーツジュースと割ったラムパンチも好まれています。注文をしてからお洒落にシェイクしてくれるわけではなく、すでに混ざった状態のボトルが出てきました。シェイクしている時間はないぐらい売れるのかもしれません。価格は10ドル(約400円)。

手芸品も販売されています。お土産として買うのにも良さそうですね。このお祭りは深夜1時終了とのこと。

お祭りを堪能した我々は、歩いて宿泊施設に向かっていると、奇妙な音に気がつきました(場所はこちら)。付近には茂みがあるので、最初は鳥やコウモリや昆虫の鳴き声では?と思ったのですが、機械的な音のようにも聞こえます。時刻は午後9時。Castries-Gros Islet Highwayを走る車の音以外で耳につくのは、この奇妙な高音だけです。何の音だったのでしょうか?


◆身分証明書不要?!ゲームセンターみたいなカジノに潜入

ロドニーベイにあるショッピングモール「Baywalk Mall」。日本のイオンモールを彷彿とさせる大きさです。駐車場は混雑しており、空きを待つ車が列を作っていました。

建物内に入ると、まるで商店街で軒を連ねるようにお店がずらっと並んでいます。カラフルで可愛らしい内装です。

そして、このショッピングモールの中に、カジノがあるのです。

午前11時から午前1時までの営業、入場無料。18歳以上しか入れません。年齢制限もあるし、我々観光客には、身分証明としてパスポートの提示を求めるケースが大半です。しかし、ここでは身分証明を何も求められず、入場できました。

2階建てのショッピングモールの1階と2階の一角に構えるだけあって、カジノの中は広い。スロットマシンは、かなり古いタイプ。USドルも使えます。東カリブ・ドルがすべて無くなっても安心ですね。


◆Nintendoはセントルシアでも大人気

首都カストリーズのブルー・コーラル・モールに、インターネットカフェを発見。東京で例えると銀座あたりでしょうか。専門店が並ぶ町中にあります。

こちらは、インターネットカフェを運営しているTIBBS TECH SOLUTIONSです。PCの修理やプリントサービスなども提供しています。15分間利用できるコースを購入。価格は3ドル(約120円)でした。

SIMと同様に速度を計測してみると、3.9Mbps。動画などを見るには適していないかもしれませんが、調べ物をする程度なら問題ありません。

お店を出ると見覚えのあるキャラクターたちと目が合いました。どうやら家庭用ゲームが楽しめるお店のようです。

熱中している若者が数名。

せっかくなので、Nintendo Switchでマリオカートをやってみることにしました。プレイ料金は、15分で2.5ドル(約100円)。

店員さんがストップウォッチを準備。5分オマケしてくれたのでプレイタイムが20分になりました。プレイ開始と同時に、ストップウォッチが押されます。

世界のどこでやっても白熱して楽しいマリオカート。店員さんの苦笑いをよそに、レースに没頭しました。

店内を見渡すと、スナックや飲料も買えます。また、ゲーム機本体も販売されています。町の電気屋のような部分も兼ねているのかもしれません。マリオ、そしてNitendoの偉大さを噛み締めた20分でした。

このモールにあるフードコート。中華料理屋が1店舗だけありました、何料理を食べよう?と迷うことがありません。

ドメイン島巡りの定番になりつつあるチャーハンと、鶏の甘酢あんがけです。チャーハンは麦ご飯のようで、炒め料理には不向きな印象。美味しそうな見た目とは裏腹な味のセットは19ドル(約770円)。あまりオススメできないチャーハンでした。


◆予約して行きたい「セントラル・ベーカリー」

首都のカストリーズは観光客も多く、町はとても賑やかです。中央市場に行ってみましょう。

場内に入ってみると鮮やかな衣装や、麦わら帽子などが売られていました。

外にはテントで作られたお店がズラリと並んでいて、野菜や服が売られています。

お店の人が履いてきた靴を並べたように見えますが、靴屋のようです。

女性が群がるこのお店、何を手に取っているのかと見てみると、付け毛(ヘアウィッグ)でした。カリブのお洒落には必需品なのでしょうか。

市場から離れ、歩いて5分の場所にパン屋を発見しました。セントラル・ベーカリーというお店です。

ガラガラのショーケース。ほとんど商品がありません。来客が絶えない人気店です

予約をすれば、好きな色の食パンを作ってくれます。予約をしていない我々は、残っていた2種類のパンを購入。

1つ目は、マフィンです。価格は2ドル(約80円)でした。スコーンのように固めの生地ですが、ブルーベリーが練り込んであり程よい甘さ。朝食にも良さそうです。

2つ目は、ルックスで購入してしまったパウンドケーキのようなものです。価格は、2ドル(約80 円)。期待を裏切らぬ大変な甘さで、食べるのに少し苦戦してしまいました。

パン屋の近くにはセントルシアで最も大きいとされる聖堂、ザ・マイナー・バシリカ・オブ・ザ・イマキュレート・コンセプション(カテドラル)があります。

聖堂内は細部まで装飾が施されており、非常に美しい教会です。他の大聖堂とはまた雰囲気が異なります。屋根や窓に施されたステンドグラスも素敵です。

2019年現在は一部修復中でしたが、カストリーズを訪れた際は是非訪れてみてください。360°カメラの写真はこちら。

ザ・マイナー・バシリカ・オブ・ザ・イマキュレート・コンセプション(セントルシア) – Spherical Image – RICOH THETA


◆セントルシアにある2つの空港

セントルシアには2つの空港があります。首都から近く隣国からの便の発着が多いジョージF.L.チャールズ空港と、カリブ地域以外からの発着便が主なヘウノラ国際空港です。カストリーズからヘウノラ国際空港に向かうルートを検索すると、車で1時間以上かかると判明。

空港へ向かう道中、デナリー湾から北大西洋を見ることができました。カリブ海とはまた違いますが、綺麗です。

ようやく、ヘウノラ国際空港に到着。

出国審査などを終えると、ターミナルやフードコートは多くの搭乗者でごった返していました。

飛行機の離発着状況を見ると、この混雑も納得できます。大手航空会社が乗り入れており、アメリカはもちろん、カナダやイギリスへも行くことができるのです。

jetBlueはカリブ地域に強い航空会社で、ニューヨークなどの都心部へ向かう便もあります。


◆現地でのSIM購入方法&速度調査 ~セントルシア編~

セントルシアでは、”FLOW”と”Digicel”という通信会社がポピュラーなようです。

まずはFLOW。店員さんがアクティベーションまで行ってくれます。購入したのは3日間で300MBのプラン。価格は10ドル(約400円)でした。

快適ではないものの、不自由なく使えました。速度テストサイトで計測してみると、71kbpsでした。

続いては、オセアニアでもお馴染みのDigicelです。

こちらもアクティベーションまで行ってくれました。購入したのは1日間で300MBのプラン。価格は15ドル(約600円)。

同じく速度を計測してみます。5.3Mbpsでした。快適ではないですが、町中でも問題なく利用することが出来ました。


◆街で見かけない「.lc」ドメイン

セントルシアのccTLD「.lc」を、街で探してみました。
不動産屋で使われているのを発見。しかし、店舗のホームページは「.com」を使用しています。

さらにもう1つ、と行きたいところですが、同じドメイン名「candw.lc」が使われていました。どうやら地元のインターネットサービスプロバイダが、メール専用として提供しているドメインのようです。ドメイン島巡りでは、現地のドメインが現地でどのように使われているのか、毎回調査していますが、残念ながらこの他に「.lc」ドメインを見つけることはできませんでした。

街では見かけませんでしたが、セントルシアの政府機関やピザ屋、不動産屋、様々な国のサービスで「.lc」は使われています。

=今回訪れた場所=

■セントルシアまでのアクセスはこちら

■ドメイン「.lc」の詳細、お申し込みはこちら

セントルシアへの行き方

【ビザ】観光目的で28日以内の滞在なら不要。

《 空路 》

直行便はありません。ヨーロッパやアメリカで乗り換えするのが一般的。片道約30時間~。エコノミーなら往復約18万円~。

日本からイギリスを経由してセントルシアへ


往路例 ブリティッシュ・エアウェイズ、LIAT

BA8 日本
羽田空港
(HND)
木曜日 08:50 発

12時間20分
イギリス
ヒースロー空港
(LHR)
木曜日 13:10 着

乗り継ぎの待ち時間 22時間15分

BA2155 イギリス
ロンドン・ガトウィック空港
(LGW)
金曜日 11:25 発

8時間40分
バルバドス
グラントリー・アダムズ空港
(BGI)
15:05 着

乗り継ぎの待ち時間 2時間

LI368 バルバドス
グラントリー・アダムズ空港
(BGI)
金曜日 17:05 発

40分
セントルシア
ジョージ F.L. チャールズ空港
(SLU)
17:455 着

セントルシアからイギリスを経由して日本へ


復路例 LIAT、ブリティッシュ・エアウェイズ

LI369 セントルシア
ジョージ F.L. チャールズ空港
(SLU)
木曜日 18:10 発

40分
バルバドス
グラントリー・アダムズ空港
(BGI)
18:50 着

乗り継ぎの待ち時間 22時間20分

QR806 バルバドス
グラントリー・アダムズ空港
(BGI)
金曜日 17:10 発

10時間30分
イギリス
ロンドン・ガトウィック空港
(LGW)
土曜日 06:20 着

乗り継ぎの待ち時間 5時間20分

BA7 イギリス
ヒースロー空港
(LHR)
土曜日 11:40 発

11時間30分
日本
羽田空港
(HND)
日曜日 07:10 着

※2019年3月現在の情報

セントルシアには2つの空港があります。首都から近く隣国からの便の発着が多いジョージF.L.チャールズ空港と、カリブ地域以外からの発着便が主なヘウノラ国際空港です。

こちらはヘウノラ国際空港の写真。

現地の情報


東カリブ海に位置する島国。イギリス連邦加盟国。ドメインは「.lc」。

首都 カストリーズ
言語 英語
時差 日本との時差は-13時間
気温 通年22℃~28℃
通貨 東カリブ・ドル
コンセント形状 電圧240V、周波数50Hz
プラグはGタイプ
インターネット ホテルや飲食店で利用可
GlocalmeのWorldWide 不可
タクシー
Uber
チップ 習慣あり。