イギリス領ヴァージン諸島への行き方

ビザの申請は必要ありません。アメリカ、プエルトリコを経由して英領ヴァージン諸島へ行く場合、ESTAの申請が必要です。パスポートはお忘れなく。
入国する際、“入国税”を支払う必要があります(10ドル)。

《 空路 》

日本からプエルトリコへ


直行便はないので、アメリカ国内(ダラス、シカゴ、アトランタ、ニューヨークなど)で、1~2回の乗り換えを行います。航空会社もアメリカン航空、デルタ航空、USエアウェイズ、ジェット・ブルーなど毎日多数乗り入れてます。所要時間22時間~。エコノミーなら往復約77,000円~。なお、90日以内の観光目的の滞在ならビザは不要ですが、アメリカ自治領のためESTAの取得が必須です。

プエルトリコから英領ヴァージン諸島へ


プエルトリコのルイス・ムニョス・マリン国際空港から、英領ヴァージン諸島・ビーフ島へ直行便が毎日運航している。往復約22,000円~。

往路 シーボーン航空 4510

プエルトリコ
ルイス・ムニョス・マリン国際空港
(SJU)
11:15 発

約45分
ビーフ島
テレンス B. レットサム国際空港
(EIS)
12:00 着

復路 シーボーン航空 4588

ビーフ島
テレンス B. レットサム国際空港
(EIS)
14:45 発

約45分
プエルトリコ
ルイス・ムニョス・マリン国際空港
(SJU)
15:30 着

※2018年6月現在の情報

英領ヴァージン諸島・ビーフ島のテレンス B. レットサム国際空港港(空港コード:EIS)。

空港内にはカフェがあり食事もできる。鶏が自由気ままに歩いている。

英領ヴァージン諸島は中古の日本車がたくさん出回っています。空港で働いている女性に声をかけられ、「カーナビが日本語だから設定方法を教えて!」と頼まれてしまいました。

現地の情報


中心地である首都ロードタウンはトルトラ島にあり、ヨットや船の停泊地として観光客も多く訪れます。トルトラ島のすぐ隣にあるビーフ島にはテレンス・B・レットサム国際空港があり、2つの島は橋でつながれてます。

首都 ロードタウン(Road Town
言語 英語
時差 日本との時差は-13時間。アンギラの方が遅れている。サマータイムはない。
気温 年間を通して常夏
気温は24°C~31°C
通貨 米ドル
コンセント形状 Aタイプ
Wi-Fi Softbankのローミング不可
GlocalmeのWorldWide不可
今回は全土で利用できず。
タクシー
フェリーターミナルからダウンタウンまで約$35
Uber

プエルトリコへの行き方

90日以内の観光目的の滞在なら、ビザの申請は必要ありません。アメリカ自治領なのでESTAの申請が必要。

《 空路 》

直行便はないので、アメリカ国内(ダラス、シカゴ、アトランタ、ニューヨークなど)で、1~2回の乗り換えを行う。航空会社もアメリカン航空、デルタ航空、USエアウェイズ、ジェット・ブルーなど毎日多数乗り入れている。所要時間22時間~。エコノミーなら往復約7万7000円~。

日本からプエルトリコへ


往路例 ユナイテッド航空 UA882 / UA1996

日本
成田国際空港
(NRT)
17:45 発

約12時間
アメリカ
シカゴ・オヘア国際空港
(ORD)
15:45 着
アメリカ
シカゴ・オヘア国際空港
(ORD)
翌日07:45 発

約4時間45分
プエルトリコ
ルイス・ムニョス・マリン国際空港
(SJU)
翌日13:30 着

プエルトリコ日本へ


復路例 ユナイテッド航空 UA1803 / UA79

プエルトリコ
ルイス・ムニョス・マリン国際空港
(SJU)
01:15 発

約4時間5分
アメリカ
ニューアーク・リバティー国際空港
(EWR)
05:20 着
アメリカ
ニューアーク・リバティー国際空港
(EWR)

11:00 発

約13時間55分
日本
成田国際空港
(NRT)
翌日13:55 着

※2018年6月現在の情報

現地の情報


プエルトリコは、中南米カリブ海にあるアメリカ自治領。ドメインは.pr。

首都 サン・フアン
言語 スペイン語、英語
時差  +13時間
気温  平均気温は25.4℃ほどで過ごしやすい気候
通貨 米ドル可
コンセント形状 電圧は110V・120V/60Hz。プラグの形状は日本と同じAタイプ。
Wi-Fi Softbankのローミング可
Glocalmeのアメリカ地域での利用可
Wi-Fi利用可のホテル、飲食店他
タクシー
Uber

セント・マーチンへの行き方

ビザの申請は必要ありません。アメリカ、プエルトリコを経由して行く場合、ESTAの申請が必要。パスポートはお忘れなく。
出国の際は、“出国税”を支払う必要があります(5ドル)。

《 空路 》

  • アメリカ を経由してセント・マーチンへ

日本からセント・マーチン島への直行便はなく、アメリカを経由するのが一般的。所要時間33時間~。エコノミーなら往復約171,920円から。

[例]デルタ航空 アトランタ経由

【往路】

デルタ航空 Boeing 777 DL 296
東京
成田国際空港

(NRT)
16:30

12時間 37分
ジョージア州アトランタ
ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港

(ATL)
16:07
デルタ航空 Boeing 737 DL 908
ジョージア州アトランタ
ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港
(ATL)
翌日9:55

3時間 58分
セント・マーチン
プリンセス・ジュリアナ国際空港
(SXM)

翌日13:53

【復路】 

デルタ航空 Boeing 737 DL 919
セント・マーチン
プリンセス・ジュリアナ国際空港

(SXM)
14:55

4時間 35分
ジョージア州アトランタ
ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港

(ATL)
19:30
デルタ航空 Boeing 777 DL 295
ジョージア州アトランタ
ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港
(ATL)
翌日11:48

13時間 47分
東京
成田国際空港
(NRT)

翌々日14:35

 

  • プエルトリコを経由してセント・マーチンへ

プエルトリコから約1時間でセント・マーチンに行けるため、プエルトリコとセットで行くのがお勧め。

  • 日本からプエルトリコへ

直行便はないので、アメリカ国内(ダラス、シカゴ、アトランタ、ニューヨークなど)で、1~2回の乗り換えを行う。航空会社もアメリカン航空、デルタ航空、USエアウェイズ、ジェット・ブルーなど毎日多数乗り入れている。所要時間22時間~。エコノミーなら往復約77,000円~。なお、90日以内の観光目的の滞在ならビザは不要だが、アメリカ自治領のためESTAの取得が必須。

  • プエルトリコからセント・マーチンへ

プエルトリコのルイス・ムニョス・マリン国際空港(SJU)からセント・マーチン プリンセス・ジュリアナ国際空港へ直行便がある。所要時間は約1時間。片道約12,000円から。

[例]

【往路】シーボーン航空 BB4542
プエルトリコ
ルイス・ムニョス・マリン国際空港
(SJU)
11:55

1時間10分
セント・マーチン
プリンセス・ジュリアナ国際空港
(SXM)
13:05
【復路】 シーボーン航空 BB4542
 セント・マーチン
プリンセス・ジュリアナ国際空港
(SXM)
13:35

1時間05分 
 プエルトリコ
ルイス・ムニョス・マリン国際空港
(SJU)
14:40

プエルトリコから運行しているシーボーン航空。プエルトリコから運行しているシーボーン航空。

満員です。機内サービスはミネラルウォーターの配布のみ。満員です。機内サービスはミネラルウォーターの配布のみ。

空から見るカリブも素敵です。空から見るカリブも素敵です。
到着後は、入国審査を野外テントで行います。

  • アムステルダムやパリ経由でセント・マーチンへ

飛行時間が長くなってしまうが、ヨーロッパ経由もある。

※飛行機の運航状況は、すべて2018年4月現在の情報。

 

《 海路 》
アンギラのブローイングポイントフェリーターミナル(Blowing Pont Ferry Terminal)から、フェリーが運航している。終日、午前7時30分から午後6時まで。フェリーは約45分ご所要時間は約25分。片道運賃20ドル前後(フェリー会社により異なる)。

 

現地の情報


セント・マーチン島は、カリブ海のリーワード諸島にある島。島の北側はフランス領、南側はオランダ領に分割されている。島のすぐ北方にはアンギラ島がある。

首都 マリゴ (Marigot)
言語 北側:フランス語 南側:オランダ語
時差 日本との時差は-13時間。セントマーチンの方が遅れている。サマータイムはない。
気温 年間を通して常夏
気温は24°C~31°C
通貨 米ドル可
コンセント形状 Aタイプ
Wi-Fi Softbankのローミング不可
GlocalmeのWorldWide不可
マホビーチにあるSunset Bar and GrilleでWi-Fi利用可。パスワードは店員に聞くと教えてもらえる。
タクシー
空港からマホビーチまで約$15
3時間貸切で$120
Uber